有松・民家改修計画その4

こんばんは、medakaです。
先週末、久しぶりに有松の民家改修のお手伝いに行ってきました。
瓦のある部分を覆っていた看板がとれたので、道から瓦や2階の窓が見えるようになりました。
b0069562_20503823.jpg




これから、切られてしまった庇を継いで瓦を載せなければいけませんが、この民家の瓦は現在流通している瓦とは大きさが異なるため、どうしようかと思案をしていました。ところが先日連絡が入り、有松で解体される民家があるため、その民家の瓦を頂けることになったのです。瓦を頂けたので助かった反面、一方では伝統的民家を復元し、他方では伝統的民家を解体しているという状況に、町並み保全の難しさを感じます。
b0069562_20505769.jpg

内部はというと、間仕切りや机、壁が徐々に出来てきています。壁の下地となる石膏ボードは60cm角ぐらいのものが何枚も継がれており、年月をへて微妙なゆがみを生じさせていることを伝えています。この作業は本当に大変だと思います。中野さん、ありがとうございます。

そしてmedakaのその日の仕事はというと、ガラスに貼られたシールはがし・再利用するキッチンの掃除・天井と梁の雑巾掛けでした。ガラスに貼られたシールは、キッチン用洗剤でガラスをぬらし、カッターの刃を本体から外し、ガラスとシールの間をコンコンと斜めに滑らせるときれいにとれることを教えて頂きました。(ご家庭でもお試しください!)
梁と天井は雑巾で拭くと、漆が塗られたようなツヤと、木の赤みが少し蘇って、とってもきれいになり、みとれてしまいました。(ほこりをとるために拭いただけなので、拭いた人間にしかわからない微妙な変化かもしれませんが・・・)

さてさて、朝5時出発の青春18切符で駆けつけた私は夕方5時過ぎに仕事を終え、また青春18切符で帰るわけですが、その前に名古屋駅のプラットフォームにある立ち食いそば屋のきしめんで腹ごしらえ。えび天たまご入りを頼んだのですが、えび天は注文が入ってから揚げ始め、揚げたてぷりぷりのおいしさに感動!!ま、それなりのお値段ですがね、立ち食いそば屋愛用者のmedakaとしては、関西にもこれぐらい充実したてんぷらうどんがあってもいいのになあと思いました。
b0069562_20525814.jpg

[PR]
by yuco-sha | 2010-03-16 21:01 | 有松のこと

日々の出来事、各種お知らせなどを記載します。


by yuco-sha

プロフィールを見る
画像一覧


遊工舎のHPはこちら

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
建築のこと

趣味
どうでもいいこと
medaka のブログ
umekoのブログ
お知らせ
有松のこと
麗江研究
その他
yamadaのブログ

以前の記事

2015年 02月
2014年 09月
2014年 08月
more...

フォロー中のブログ

welcome to m...

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

住まいとくらし
建築・プロダクト

画像一覧